libuvc を macOS Big Sur Ver. 11.4 で使う

Posted by: lesser

ココで紹介したlibusbを利用して、カメラにアクセスするためのライブラリです。githubで公開されています。
libuvcをビルドするのには、cmakeが必要です。まずはcmakeをインストールをします。

brew install cmake

次にlibuvcをビルドします。
ソースを展開したフォルダで以下のように順に実行します。

libuvc % make build
libuvc % cd build
libuvc % 
cmake -DCMAKE_BUILD_TYPE=Release ..
libuvc % make
libuvc % sudo make install

依存しているライブラリがないとエラーが出ますが、brewで追加して再開すればOKです。

buildフォルダの中にexampleという実行ファイルが出来ているので、カメラを差してexampleを実行します。